人工呼吸はしてほしいが注意がいる行為

アプリ/アプリケーション

resacoは緊急時に人命にかかわる事態に出くわした時に、救急隊が到着するまでの間人命をつなぐ補助具を製造している企業です。そんな補助具の中で、一般人が持っていてほしいのがresacoR-typeです。地震などの災害だけでなく、病気や水難事故などの出くわした場合多くは意識を失うだけでなく呼吸をしない状態にまでもっていかれます。そんな時に人工呼吸が大事なのですが、注意しなければならないのは衛生面です。もちろん同性同士で口づけをすること自体が気分的に避けたいという願望もありますが、やはり他人の血液や皮膚に触れる行為は肝炎ウィルスに感染している人だった場合2次被害を受ける恐れがあります。それでは躊躇してしまうので、そこで安全な神子呼吸をするための道具が必要になるというわけです。

携帯型RESACOシリーズ

携帯

安全な人工呼吸器としてresacoが販売したのがRESACOR-typeです。特徴としては大きく切り取られた抗菌加工をした塩化ビニールを顔の大きさ医大に切り取った後に、その中央の切り込みを入れてマウスピースを装着しています。このRESACOシリーズの最大の特徴はマウスピースに合って、これは逆止弁がついているので、患者の口に装着した時に空気が外に漏れることがないです。さらに形状が縦長に作られているので空気がしっかり送れるだけでなく、口の中の唾液や血液に直接触れないので2次被害を受けるリスクが無くなります。

患者に直接触れない工夫がされている

男性

先に言ったとおりに人工呼吸は息をしていない人を助ける行為ではありますが、何かしらの持病があった場合人工呼吸をしてくれた人が2次被害を受ける可能性があるのが難点です。これは血や唾液などが肌につかないように、顔から首にかけて抗菌加工をした塩化ビニールで覆えます。さらに逆止弁付きマウスピースがついているので、患者の唾液に触れることもないで安全に人工呼吸ができます。そしてresacoシリーズではバッグに気軽に持ち運べるように、折り畳み式のショートタイプが開発されているので邪魔にならずいざという時に使用できます。

緊急時に持っておきたい様々な製品

アプリ

resacoは人工呼吸を安全にできる器具の開発だけでなく、抗菌加工された使い捨て手袋も販売しています。さらに緊急時では水分補給や簡易検査など様々な準備が必要になります。そこでresacoでは人工呼吸器だけでなく、近年増えている炎天下で起きる熱中症が起きた時にすぐに塩分補給ができる方法として専用の携帯食塩熱サプリを製造しています。何度も言うように、交通事故などの意図しない事故や地震などの天災はいつ何時起きるかわからないです。その当事者になった時に、周辺に意識障害が起きて息をしない人を救うには自身が率先して救急隊がたどり着くまで救急措置をしなければならないです。その時にこういったresacoシリーズを所有しておくことで、安全かつ迅速に対処することができるので個人団体問わずに持っておきたいところです。