HOME>アーカイブ>平時からいざというときの準備をしてリスクを小さくする

緊急時の社員への連絡

メール

地震や津波など災害や大規模テロなど緊急事態に備えて、企業や団体も平時から準備しておく必要があります。何の用意もなければいざと言う時に、混乱してパニックになったり機能不全に陥ったりすることがあるからです。実際に東日本大震災では多くの企業が社員と連絡が取れずに非常に苦労したのです。そこでおすすめなのが安否確認サービスです。災害やテロなどはこれまで築いてきた企業の価値を一瞬で落として、最悪の場合倒産に追いこまれてしまうことがあります。そのため企業は災害やテロに遇った場合のリスクをいかに小さくするかを真剣に対応するべきなのです。安否確認サービスは緊急時での安否確認や被害の状態を知り、社員と速やかに連絡を取ることができるサービスです。安否確認サービスはパソコンや携帯電話を通じて運用するクラウドなので、ダウンロードする必要がなくどこにいても使うことができるので便利です。

サーバーを分散

女性

安否確認サービスはサーバーを分散したり、迅速に一挙に大量にメールを社員に届けたり、正確に災害の状態を判定したりと様々なサービスを提供しています。またスマホやパソコンだけでなくガラケーでも使用することができます。使い方も特に難しい操作はなく直観的に使うことができます。安否確認サービスでは興味がある方に定期的に説明会を開催しています。直接会社へ訪問してスタッフから説明を受けることもできるし、忙しい方はオンラインでの説明もあるので連絡してみることです。安否確認サービスにはいくつかのコースがあり、目的や希望に応じて自由に選ぶことができます。ユーザー数も50ぐらいの少数から、1000を超える大人数まで対応しています。また無料体験コースもあるので試してみることです。